築30年の自宅のお風呂場をリフォームする きっかけ篇

このシリーズはいわゆるDIYの記事ではありません。リフォーム屋さんに頼んでの記事です。

DIYで行うリフォームの記事はネット上にも多々あるんだけど、
他は大体リフォーム会社のブログで「お客様邸工事のビフォー・アフター」くらい。
具体的な金額とか工事期間中のアレコレをこっち目線で書いてる記事があまり無いように感じたので、自分用のメモ&同じようにリフォーム工事をどうしようか悩んでいる人のためになればと思い、いろいろ書き綴っていきます。

この度、築30年くらいになる自宅のお風呂場、及び洗面所の水回りリフォームをすることにしました。

まずは現状での問題点。
  • タイル張りなのでとにかく冬場が寒い。タイル自体も様々な箇所がボロボロだし、床も洗ってもヌメリが取れない
  • 換気扇の部分が木造、もはやほとんど腐っている&外の換気扇部分には春には鳥が巣を作る
  • 給湯器(石油)も15年目くらいなのでいつ調子が悪くなってもおかしくない
  • 洗面所にある勝手口、ほとんど使っていない。そこからの冷気を中心に結露が酷い
  • 洗面所スペースの半分が土間のために、使い勝手がイマイチ

といったあたりでしょうか。

数年前からリフォームはしたいと思っていたけど、なかなかリフォーム屋さんに相談するような機会もなく、重い腰も上がらず。
ネットで一括見積もり依頼をしてみたところ、なんとビックリ、該当エリア外の地域でした。確かに東北の田舎ではあるけど、県庁所在地在住なのに。

そんな時にたまたま行ったヤマダ電機で、入り口に「限定1台!」みたいな感じでいい感じのお風呂場のモデルルーム(ルーム?笑)が割引多め(具体的な割引率は忘れた)で30万円くらいだったので、「こんなお風呂が30万くらいなのは良いなぁ」と思って中にあるリフォームのショールームコーナーに立ち寄ってみました。

なお、今回はヤマダ電機の中でも比較的大きめの店舗だったのでショールームの品揃えもなかなか充実していました。

ヤマダ電機にて

まずは勿論お金はいくら掛かるのかです。
30万円って展示してても、それプラス工事費で100万~くらいなんだろうなー、って思い店員さんに質問。

するとまずは、今のお風呂はどんなタイプか聞かれました。
この時に初めてお風呂場のタイプというのが大きく分けて「いわゆるタイル張りの在来工法」と「ユニットバス」の2種類ある事を知りました。
我が家は勿論在来工法、広さは1畳分くらいはあるんじゃないかなーと答える。
まぁ当然、そんな簡単な話で大体の値段が分かるわけでもなく

(´-`).。oO(大体でいいから、50万程度なのか100万程度なのか150万程度なのか200万程度なのか、そのくらいでも知りたいんだけどなぁ)

これが本音ではありますが、売り場の担当の方もうっかりと金額伝えて実際には全然違った!という訳にもいかないだろうしね。

という訳で、後日まずは現地調査という流れになりましたとさ。

感想

リフォームを考えている人は、まずはお風呂場のサイズだけでも測っておきましょう。
よほど新しいお風呂場にこだわりがない限りは、「在来工法→新しく在来工法で作り直し」ではなく「在来工法→ユニットバスタイプに切り替え」というのが一般的になると思います。
その点、自由にいろいろ決められる在来工法と違ってユニットバスはサイズが規格として決まっているので、現状のお風呂場の広さでどの規格を選択できるかが限られてきます。

あとは、、、まずはこれを機会に他にもリフォーム会社に見積もりを依頼してみよう。相見積もりってやつですね。
決して「安いが正義」って考え方ではありませんが、あまりにも相場が分からないジャンルになるので、いくつかの見積もりを比較するのは重要なポイントだと思います。